2008年10月17日

「感情に流されない湯川が生身で感情的な一面を見せる」映画版「ガリレオ」監督が語る

「感情に流されない湯川が生身で感情的な一面を見せる」映画版「ガリレオ」監督が語る

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000002-cine-movi

10月17日14時25分配信cinemacafe.net拡大写真『容疑者Xの献身』 西谷弘監督国民的作家として多数のベストセラーを輩出する東野圭吾。その東野氏の人気小説「探偵ガリレオ」と「予知夢」は福山雅治、柴咲コウ出演でドラマ化され高視聴率を記録。その続編であり、シリーズ初の同名長編作が映画化。『容疑者Xの献身』が10月4日(土)の公開以来、ヒットを記録している。ドラマシリーズに続き、本作のメガホンを握ったのは西谷弘。ドラマから続く本シリーズに賭ける思い、そして本作について聞いてみた。

[引用元:Yahoo[映画(cinemacafe.net)]]


posted by tom at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。