2008年07月16日

山本モナ、ハッスルへ !?

山本モナ、ハッスルへ !?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080714-00000010-tsuka-ent

7月14日19時1分配信ツカサネット新聞ハッスルの高田総統が、7/11(金)後楽園ホールで開催された「ハッスルツアー2008」のエンディングで、不倫問題で話題の山本モナを獲得する意向を示した。「おいっ、サミットを高級ホテルでやっているのに、五反田の9,800円のラブホテルで話題を持って行っちゃったな。モナちゃん、彼女こそ最高のモンスターだ。」ハッスルの特長は、何と言っても話題性だ。本職のプロレスラーが登場するのは当たり前だが、その時々話題になっている芸能人をリングに上げては、多数の集客を誇っている。狂言師の和泉元彌、タレントのレイザーラモンHG、川崎麻世夫人のカイヤ、グラビアアイドルの海川ひとみ等。ただ、貢献度ナンバーワンとなると、やはりインリン・オブ・ジョイトイだろう。2004年12月に、インリン様としてリングに上がるや、M字開脚の必殺技「M字ビターン」で対戦相手をノックアウトするだけでなく、会場の男性観客を総立ちにさせた。格闘技のスキルがあるかないかは問題なく、彼女の登場にみな魅了された。インリン様の次はニューリン様。さらにグレート・ムタとの対戦、そして懐妊。その後はモンスター・ボノの母として活躍。2008年5月に引退するまで実に3年半、ハッスルの人気を背負った。ハッスルとしては、次のモンスターが欲しいところだったが、いいところに話題豊富な人物が現れた。せっかく報道番組キャスターの座に復帰したのに、不倫でテレビ画面登場は当分自粛。バラエティならいいのではと思われるが、世の女性の目はなかなか厳しい。ハッスル側が獲得の意志を表明したのであるから、ここはひとつ乗ってみてはどうか。初めはインタビューアーとか進行役とかからでもいいではないか。そしていつかはリングに上がってもらいたい。その時には、必殺技を引っさげて。まずは、高田総統相手にリング上で「不倫キッス」。ハッスルの観客は、ネタ好きで寛容だ。

相互リンクエンジン

[引用元:Yahoo[ツカサネット新聞]]
posted by tom at 00:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。